白状しなさい、裏切り者!一部始終せんぶ。洗いざらい何もかも

大楠道代 【行徳君子】正三の妻。団地のゴミ管理人。

1946年生まれ。
64年、『風と樹と空と』(松尾昭典)でデビュー。その後大映に入社し、『氷点』(66/山本薩男)、『小さい逃亡者』(66/衣笠貞之助)、『痴人の愛』(67/増村保造)などに出演する。76年、結婚を機に姓を「大楠」に変えた後も精力的に活動し、日本アカデミー賞最優秀助演女優賞を受賞した『ツィゴイネルワイゼン』(80/鈴木清順)、『親鸞 白い道』(87/三國連太郎)などに出演。03年、『赤目四十八瀧心中未遂』(荒戸源次郎)で、毎日映画コンクール女優助演賞、ブルーリボン賞助演女優賞、キネマ旬報助演女優賞などを受賞する。
近年の代表作に『ジャージの二人』(08/中村義洋)、『人間失格』(10/荒戸源次郎)などがある。
阪本順治監督作品には、『愚か者 傷だらけの天使』(98)、『顔』(00)、『大鹿村騒動記』(11)などに出演している。