麿 赤兒 【権藤】ヒナ子が勤めるスーパーの常連客。

1943年生まれ、奈良県出身。
状況劇場に参加した後、72年に舞踏集団「大駱駝艦」を旗揚げ、主宰。舞踏家として国内外に向けて精力的に振付・演出・上演し続けている一方で、映画・TV・舞台で独特の存在感を放ち、各方面から多くの支持を得ている。06年、文化庁長官表彰受賞。
近年の主な映画出演作は、『極道めし』(11/前田哲)、『朱花の月』(11/河瀨直美)、『SPEC~天』(12/堤幸彦)、『まほろ駅前狂騒曲』(14/大森立嗣)、『日本のいちばん長い日』(15/原田眞人)など。
阪本順治監督作品には、『どついたるねん』(89)、『傷だらけの天使』(97)、『KT』(02)、『魂萌え!』(07)など多数出演している。